樹木希林の宝島社の話題の広告!人生の価値観を見習いたい!



スポンサーリンク




こんにちは!yasukosuです!

今回は、今話題の広告!そう、あの故・樹木希林さんの宝島社の広告について、彼女の人生の価値観を見習いたいと思ったので、ご紹介していこうかなと思います!

 

あの新聞広告見ましたか?

もう、すぐに話題になりましたね!

 

10月29日付けの全国版の朝刊!朝日新聞と読売新聞に載っていました。

朝日新聞「あとは、じぶんで考えてよ。」

読売新聞「サヨナラ、地球さん。」

 

もうね、ズキューンです。希林砲に打ち砕かれました。

 

どうして、樹木希林さんの言葉には力があるんだろう。

どうして、樹木希林さんの言葉には人に考えさせるものがあるんだろう。

どうして、樹木希林さんの言葉には愛があるんだろう。

 

きっと、それは彼女の持っている軸。価値観。あり方。

そういったものから来ているのかもしれません。

 

あんまり素敵過ぎるので、広告見ながら自分を見つめなおし反省していこうかと思っているところです(汗)

それでは、今回は『樹木希林の宝島社の話題の広告!人生の価値観を見習いたい!』と題してお送りしていこうと思います!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

樹木希林の宝島社の話題の広告!

では早速まいりましょう!

こんな感じで、載っていたんですよね。

以下、その全文です。

■朝日新聞:あとは、じぶんで考えてよ。

絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから。

だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。

迷ったら、自分にとって楽なほうに、道を変えればいいんじゃないかしら。

演技をやるために役者を生きているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。

代表作?ないのよ。助演どころか、チョイ役チョイ役って渡り歩く、チョイ演女優なの。

自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女性を綺麗にしていくと思います。

楽しむのではなくて、面白がることよ。中に入って面白がるの。面白がらなきゃやってけないもの、この世の中。

老人の跋扈(ばっこ)が、いちばん世の中を悪くすると思います。

病を悪、健康を善とするだけなら、こんなつまらない人生はないわよ。

死に向けて行う作業は、おわびですね。謝るのはお金がかからないから、ケチな私にピッタリなのよ。謝っちゃったら、すっきりするしね。

“言わなくていいこと”は、ないと思う。やっぱり言ったほうがいいのよ。

こちら希林館です。留守電とFAXだけです。なお過去の映像等の二次使用はどうぞ使ってください。出演オファーはFAXでお願いします。

このように服を着た樹木希林は死ねばそれで終わりですが、またいろいろなきっかけや縁があれば、次は山田太郎という人間として現れるかもしれない。

えっ、わたしの話で救われる人がいる?それは依存症というものよ。

引用元:https://www.fashionsnap.com/article/2018-10-29/tkj-ad-20181029/

 

■読売新聞:サヨナラ、地球さん。

靴下でもシャツでも、最後は掃除道具として、最後まで使い切る。人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に尽きるんじゃないかしら。

そういう意味で、がんになって死ぬのがいちばん幸せなのよ。用意ができる。片付けして、その準備ができるのは最高だと思うの。

ひょっとしたら、この人は来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう?そうやって考えると、がんは面白いのよ。

いまの世の中って、ひとつ問題が起きると、みんなで徹底的にやっつけるじゃない。だから怖いの。自分が当事者になることなんて、だれも考えていないんでしょうね。

日本には「水に流す」という言葉があるけど、桜の花は「水に流す」といったことを表しているなと思うの。

何もなかったように散って、また春が来ると咲き誇る。桜が毎年咲き誇るうちに、「水に流す」という考えかたを、もう一度日本人は見直すべきなんじゃないかしら。

それでは、みなさん、わたしは水に流されていなくなります。今まで、好きにさせてくれてありがとう。

樹木希林、おしまい。

引用元:https://www.fashionsnap.com/article/2018-10-29/tkj-ad-20181029/

 

見事です…。なんか亡くなってしまったのが嘘みたい。今すぐそこにいるような、まだお話してくれているような、声のトーンまでもが伝わるようなそんな文面でした。

思わず、ジワリと来てしまった方も多かったのではないでしょうか?(yasukosu完全にジワリ(´;ω;`))

 

樹木希林の宝島社の話題の広告!人生の価値観を見習いたい!

自分の人生に関することだとか、皆さん日々考えたことってありますか?

私はほとんど意識したことが無いです。

毎日毎日流されるように、その日その日をこなしていくだけで精一杯だったりします。

私のような人って多いんでは…?

皆仕事やら何やらで忙しいですもんね。

「人生だのなんだの、そんなところまでまわらないよー。」っていうのが正直なところだと思います。

そんなところに、この広告。希林さんの言葉。

 

刺さりましたね。

もっとしっかり自分で考えなくちゃなって思いました。

じぶんはどう生きたいのか?どういう人生を送りたいのか?どういう意思で何をして生きていきたいのか?

 

希林さんの言葉を読み解き、その価値観を参考にしたいと思います!

特に特徴的で気になった個所を。

 

「だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。」

うん。ホントにそうだ。自分の事は自分で納得のいくようにやろう。

 

「演技をやるために役者を生きているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。」

そうそう。みんな人間。ついつい、職業や肩書などで人のことを物差しで測ってしまったりしますが、全部取っ払った自分はどんな人間なのか。そこが一番重要な気がします!

 

「自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女性を綺麗にしていくと思います。」

綺麗な女性。なりたい…。今すぐ考えます。自分は社会で何ができるかを!

 

「楽しむのではなくて、面白がることよ。中に入って面白がるの。面白がらなきゃやってけないもの、この世の中。」

楽しむ…はなんとなくわかるけど、面白がる…か。

面白がるには自分に余裕が必要な感じがしますね。物事を俯瞰してみることが出来るくらい余裕がないと、なかなか面白がれないのかなと感じました。

 

「”言わなくていいこと”は、ないと思う。やっぱり言ったほうがいいのよ。」

そうですよね。ついつい、「もういいよ…」って諦めてしまいがちに私もなりますが、言って伝えて、そういう事を根気強くしていくことで、より良い相手との関係性が作られるのかもしれません。

 

「人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に尽きるんじゃないかしら。」

すごい。自分を使い切る…。そんな風に考えたことありませんでした。そうか、自分を使い切る、、、。

 

「いまの世の中って、ひとつ問題が起きると、みんなで徹底的にやっつけるじゃない。だから怖いの。自分が当事者になることなんて、だれも考えていないんでしょうね。」

確かに。もし自分がその当事者だったら…そう考えると恐ろしいですよね。集中攻撃されたら。そう、だから、それは違うってことなのかもしれません。

 

「桜が毎年咲き誇るうちに、「水に流す」という考えかたを、もう一度日本人は見直すべきなんじゃないかしら。」

水に流す→また咲き誇る。それでいいってことかな。

 

「樹木希林、おしまい。」

これ、すごく素敵でした。自分を全うした方の言葉だなって。私も最期の時にはこんな風に家族に言いたいです。

 

希林さん、あとはじぶんで考えましたよ!全然違うかもしれないけど、じぶんで考えてみました!

 

樹木希林の宝島社の話題の広告!みんなの感想

「さみしくなりました」…ジワリ。

もう、ホントさみしくなっちゃいますよね。さみしさと引き換えに、なんかこう、あたたかいものや、自分で考えなくてはならない課題をくれた…そんな気がしています。希林さんからの贈り物のような。

 

ストレートに「何だか、いいな」。

ホントにそうですね。ホワッっと人の心に何かを残してくれるような、そんな文章でした。

 

写真もまたしかり。温度があたたかいというか、会話が聞こえてきそうというか、なんとも素敵なお写真です。また、この写真だから、この文面が引き立つのでしょうね。

 

分かります!樹木希林依存いると思う!とりこ?うん、そんな感じ。

そうそう、この世界では亡くなってしまった希林さんですが、違う世界線では、全然ご活躍されていそうな気がする。まだどこかで生きていらっしゃる気がします。。。。

 

まとめ

さて、今回は『樹木希林の宝島社の話題の広告!人生の価値観を見習いたい!』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

やっぱり、樹木希林さんは凄い方です!本当に尊敬します。

「自分はこういう人間だ、どうだ。」って真正面から堂々と向き合ってくれそうな方だなぁって。

なかなかいませんよね、そういう方って。

とても素敵な女性です。いつまでもみんなの心の中に生き続ける女優さんなのではないでしょうか。。。

 

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。次回もyasukosu blogでお会いしましょう!

樹木希林のかっこいい人生!生き方や性格・おしゃれや子育てもすごい!

2018.09.18


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です