神戸六甲アート展作品を壊した犯人は?無くなった1体はどこへ?



スポンサーリンク




こんにちは!yasukosuです!

今日、とっても残念でひどいニュースが入ってきました。

神戸・六甲山で開催中の現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」で、屋外に展示されている作品が壊されていたり、無くなっていたりしたのが発見されました。

今回はその犯人は誰か、また、芸術作品が1体無くなっているそうですが、その1体はどこへいってしまったのかなどについて書いていこうかと思います。

まったく、ひどいことをする人がいるんですね。

芸術家が心を込めて、メッセージを込めて、一つ一つ作り上げた大事な作品をぼろぼろに壊すとは、なんということでしょう。

しかも、だれもいない夜の間に犯行は行われていたといいます。

一体何のため?うらみでもあったんでしょうか?いえ、それとも、ただ単に、「むしゃくしゃしてやった」とかいうよく聞くあれでしょうか。

どんな理由にせよ、これは犯罪です。アーティストの方も、相当のショックを受けていらっしゃる様子です。

私達も、この事件をスルーすることなく、きちんと考えていかなくてはなりませんね。

ということで、今回は『神戸六甲アート展作品を壊した犯人は?無くなった1体はどこへ?』と題してお送りしていきたいと思います!よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

神戸六甲アート展作品を壊した犯人は?

 

それでは、この神戸市六甲山で開催中の現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」での事件、作品を壊したという犯人は一体誰なんでしょうか?

現在分かっていることは、

  • 16日朝、従業員が作品が壊れているのを見つけた
  • 前日の閉店時には、異常はなかった
  • 壊されたのは、六甲ケーブル六甲山上駅近くの飲食店「TENRAN CAFE」のテラスに設置されていた作品
  • デザイナー笠井祐輔さんの作品
  • 動物をかたどった3体のうち1体がなくなった
  • 2体は突起部分が折られていた
  • 蹴ったり、たばこの火を押しつけたりした跡もあった

という事のみでした。

犯人はいまだ明らかにはなっていません。

 

防犯カメラなどは設置されていれば、そこに映る人影で犯人確保の有力情報が得られるはずですね。

でも、まさか、こんなことをするだなんて予想だにしないという事ですと、防犯カメラの設置もどうなっているのか…という感じですね。

夜間の犯行という事もあり、目撃者も恐らくいないということを考えると、なかなか犯人確定は難しいのかなとも思います。

警察は、頑張って探してほしいですね。

神戸六甲アート展作品│無くなった1体はどこへ?

壊されたのは、六甲ケーブル六甲山上駅近くの飲食店「TENRAN CAFE」のテラスに設置されていた作品。

デザイナーの笠井祐輔さんの作品で、動物をかたどった3体のうち1体がなくなりました。

まずその作品を見ていきましょう。

作品No.02/笠井祐輔『動物たちも景色を見ている』

なんて可愛いんでしょう♡

ほんとだ、3体とも景色を見てる。この作品を見た人が何だか色々と考えることが出来るような、そんなアートですよね。ほっこりと癒されます。

 

こんなに素敵な作品なのに、、、こんな風になってしまいました。

そして、一番右にあったはずの小さな鳥のような作品がなくなってしまっていますね。

恐らく、この鳥の作品が無くなった1体ですね。

犯人は、この鳥の作品を一体どこへ持って行ってしまったんでしょうか?

いまだ詳細は明らかになってはいません。警察はきちんとした捜査をしてほしいと思います!

そして、このデザイナー笠井祐輔さんは、展示再開へ向けて作業を進めているとの事。展示再開の情報は、六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018公式ホームページ、SNSで案内するとの事です。

神戸六甲アート展作品を壊した犯人のニュースを聞いたみんなの感想

では、この残念でひどいニュースを聞いたみんなの感想はどういったものがあったんでしょうか?

確かにそうですね。モラルっていったい。。。っていうくらい、最近は色々なものが壊されたり盗まれたりなんていう事件が本当に多いです!

芸術作品ですので、これは立派な犯罪になります。夜間にさくを乗り越えて忍び込み、作品を壊す盗むだなんて、とんでもありませんね。

 

こういう意見、本当に多かったです。みんな、同じ思いの方多いですね。やっぱり酷いですよ、ひどすぎますよね。

 

ホントですね。それくらい、ひどい事件です。犯人には、現実を受け止め、しっかりと罪を償ってほしいと思います。そして、謝罪をしてほしいと強く願います!!

 

まとめ

さて、今回は『神戸六甲アート展作品を壊した犯人は?無くなった1体はどこへ?』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の残念でひどい事件は、アーティストの方はもちろん、この現代アート展関係者の方々、そして、それを見に来られるお客さんにも大変な迷惑をかけてしまっています。

そして、こういった事件があると、「え、またか」と思うような事例が他にもあったりしましたよね。

日本人は、一体どうなってしまったんでしょうか。

イラっとして物に当たるとか、そんな軽い気持ちで今回の行動を起こしていたとしたら、それこそ許されないですよね。

警察は、今後こう言った事件が二度と起こらないよう、きちんと捜査をし、犯人を見つけ出し、処分をしてほしいと思います!

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。次回もyasukosu blogでお会いしましょう!


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です