旭川市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィール・公約など



スポンサーリンク




※追記しました!(22:10)(22:20)(22:40)(23:00)(23:30)

こんにちは!yasukosuです!

ここでは、北海道旭川市の市長選挙2018について、まとめていきたいと思います。

 

任期満了に伴う北海道旭川市の市長選挙が11月4日㈰に告知されました。

定員1人に対し、2人の立候補者が立候補しています。

投開票は、11月11日㈰の予定です。

 

今回は、この旭川市長選挙2018についての結果・開票速報や、立候補者のプロフィール・公約などについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の北海道旭川市長選の立候補者は、2名。

無所属で新人の、今津寛介(いまず・ひろすけ)氏(41)と、無所属で現職、現旭川市長の西川将人(にしかわ・まさひと)氏(50)

の2人です。

 

11月3日(選挙時登録)現在の旭川市選挙人名簿登録者数は

男性 133,420人

女性 158,238人

合計 291,658人

となっています。

 

無所属同士の戦いではありますが、元衆院議員秘書の今津寛介氏と、現在の旭川市を良く知る現職、旭川市長の西川将人氏と、一体どちらがこの旭川市長選を制するのでしょうか?

早速、見ていきましょう。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

旭川市長選挙2018の結果・開票速報

 

旭川市長選2018の結果・開票速報につきましては、NHKや自治体などによる最新の情報が入り次第、更新していきますので、よろしくお願いします。

 

※ここから追記です!(22:10)(22:20)(22:40)(23:00)(23:20)

NHKニュースにて、現職西川将人氏に当選確実が出たようですね!結構早かったような…、得票差が楽しみですね!

 

【開票速報①】(22:20)

両者7,000票で並んでいます。開票率は、10.13%。

【開票速報②】(22:40)

両者28,000票で並んでいます。開票率は、40.53%。

【開票速報③】(23:00)

今津氏42,000票、西川氏63,000票です。開票率は、76.00%。

【開票速報④】(23:20)

今津氏54,540票、西川氏80,357票です。開票率は、97.64%。

【開票結果】(23:30)

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
今津 寛介 41 無所属 55,302
西川 将人 50 無所属 81,329 当選

 

現職の西川将人氏が今津寛介氏を破り、当選しました!おめでとうございます!

投票率は、47.48%でした。

◆期日前投票は

旭川市内7つの支所、フィール旭川7階及びイトーヨーカドー旭川店1階で行われました。

11月5日㈪~11月10日㈯午前8時30分~午後8時

(ただし、江丹別支所及び西神楽支所は午後5時まで。フィール旭川7階は午前10時から午後7時30分まで。イトーヨーカドー旭川店1階は午前9時から午後8時まで。)

 

 

◆投票は、

11月11日㈰午前7時~午後8時、各投票所にて行われる予定です。

 

◆開票は、

11月11日㈰午後9時ごろから

行われる予定です。

 

ちなみに、前回の旭川市長選挙の開票結果は、以下の表のようになっています。

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
西川 将人 46 無所属 79,355 当選
東 国幹 46 無所属 65,938

 

  • 告知日  2014年11月2日
  • 投票日  2014年11月9日
  • 投票率(%)  50.43
  • 事由   任期満了
  • 定数/候補者数  1/2

 

前回は、現旭川市長の西川将人氏(46)が新人・無所属の東国幹氏を破り、当選しました。

 

今回は、4選を目指す現職、現旭川市長の西川将人氏がやはり強いのでしょうか?今津寛介氏にもぜひ頑張ってほしいものですね!

 

旭川市長選挙2018の立候補者のプロフィール

では、旭川市長選挙2018の立候補者のプロフィールをご紹介していきたいと思います。

 

今津 寛介 41歳 元衆議院秘書

転載元:https://go2senkyo.com/local/senkyo/16561

おぉっ、爽やかイケメン風なかたですね(笑)皆さんに与える印象が良さそうな感じです!

  • 旭川市出身
  • 中央大学経済学部経済学科卒業
  • 衆議院秘書を務める
  • 現在、北海道教育大学付属旭川小学校PTA会長、旭稜野球少年団代表、あさひかわ商工会青年部賛助部員などを務めている

 

西川 将人 50歳 現旭川市長 

転載元:https://go2senkyo.com/local/senkyo/16561

落ち着きのある笑顔ですねぇ。なんだか、ほっこりしちゃいます(笑)

  • 旭川市出身
  • 北海道大学工学部卒業
  • 日本航空株式会社にパイロット訓練生として入社
  • その後ジャンボジェット機のパイロットとしてヨーロッパ路線に乗務
  • 2004年の参院選に出馬するも落選
  • 2006年の旭川市長選に初当選
  • 以降3期連続当選を果たす

 

今回は4期目への挑戦となる西川氏です。

市民の皆さんからは、もうすでに知られた西川氏がかなり有利であることは確実な今回の選挙戦ですね。

そこで、やはり更なる旭川市の向上にむけ、市民の皆さんにより具体的で分かりやすい説明を出来たのかどうか、そのあたりが今回の選挙の明暗を分けるのではないでしょうか。

にしても、4期目への挑戦とはすごいですね!

 

今回の選挙、現職と新人の一騎打ちの構図となっています。一体どのような結果になるのか楽しみですね。

 

旭川市長選挙2018の立候補者の公約

 

今津氏の公約(政策)

  • 市庁舎建設計画は白紙撤回(市民目線で最適な規模と機能の新庁舎に)
  • シンクタンクあさひかわ設立(政策通官僚を招へい。旭川経済の再生へ)
  • 神学部はデザイン+3(公立大はまちづくり。農業、観光、SE)
  • 買物公園のリニューアル(50周年に向けた市民のスケッチ
    ・花咲スポーツ公園の大整備 多目的室内練習場、パークゴルフ場、Jリーグ級、駐車場整備)
  • 健幸都市あさひかわへ(安心の医療・福祉と市立病院の再生)
  • 世界の食糧基地・旭川(積極的な海外輸出、中山間支援も~
    ・優佳良織工芸館は文化象徴ゾーンへ ~道の駅とアイヌ文化発信で観光名所に)
  • 旭川空港駅・格納庫整備の検討(羽田発夜便や旭川発早朝便など利便性の向上。新幹線延伸運動も)

等を政策として掲げました。

西川氏の公約(政策)

「4つの目標・16の躍動プラン 43の公約」を掲げています。

  1. .保育所・放課後児童クラブの待機児童「ゼロ」の維持と保育サービスの充実
  2. 妊産婦の家事をお手伝いする産前産後ヘルパーを回数券の配布など更に使いやすい事業として拡充
  3. ワンストップ機能を有する子ども総合相談体制を確立し、児童相談所の開設を検討
  4. 学習スペースや子ども食堂など子どもの居場所づくりと子どもいじめ防止条例の制定
  5. 子どもたちの夢を応援する給付型奨学金制度の創設
  6. コミュニティスクールを全ての学校で導入し、地域と連携した教育環境を提供
  7. 小中連携・一貫教育、プログラミング教育、郷土への愛着と誇りを育む教育を推進
  8. 高齢者の住まい、医療、介護、予防、生活支援が連携した地域包括ケア体制の構築
  9. 認知症高齢者見守り支援の推進強化
  10. 高齢者の生きがいづくりや女性の活躍できる環境整備、障がい者の雇用拡大に向けた機会の創出
  11. 働き続けられる安定した雇用の確保や非正規雇用職員の待遇改善
  12. 福祉のまちづくり条例を制定
  13. 無料低額診療事業利用者の調剤処方費用にかかる助成期間の延長
  14. 動物愛護条例の制定と動物愛護基金の新設
  15. 防災拠点としての機能を有し、市民にやさしくより使いやすい、親しまれる市役所の新庁舎づくり
  16. 国内外航空路線のネットワーク拡大と旭川空港を核とした北・北海道の活性化
  17. 道北地域の住民の生活と経済を支えるJR路線の維持存続
  18. 力強い農業や林業の体制構築を支援し、食と農の連携による農畜産物のブランド化や6次産業化、地域の森林資源を有効活用した林産業の活性化
  19. 地場製品などの販路拡大を進めるとともに、先端技術の導入や、動物園通り産業団地への積極的な企業誘致
  20. 家具やインテリアなどデザインの先進都市として「ユネスコ・デザイン都市」の登録を進め、デザインを通じた地域産業の活性化
  21. 急増するインバウンド(訪日外国人観光客)に対応したやさしい地域づくり
  22. 「スキータウン旭川」として、スノーリゾート構想の積極的な推進を図り、広域的な観光圏の形成
  23. 将来を見据えた北海道新幹線の旭川延伸に向けた取組
  24. 公契約条例の検証と、より公平・透明・公正な公契約の推進強化
  25. まちなか居住の促進や空きビル対策の推進、中心市街地に子どもの遊び場の造成と地域商店街の賑わいづくり
  26. 魅力あふれる教育や人材育成の場として旭川大学の公立化実現に向けた着実な検討
  27. 1次救急の受入拡大や医療ニーズに応じた診療体制を構築し、市立旭川病院の経営再建を着実に推進
  28. 地球にやさしいゴミ処理体制を構築し、ゴミの減量と資源化・エネルギー化を推進
  29. 未来に不安を残さない学校などアスベスト対策の実施
  30. 地域産業の担い手づくりやテレワークなど新たな分野の人材確保や養成
  31. 観光振興条例及びスポーツ振興条例の制定
  32. 地域の特徴、優位性を生かしたウインタースポーツやサイクルスポーツ、パークゴルフなどの振興
  33. 東京・札幌のオリパラ事前合宿や国内トップリーグのスポーツ合宿や大会誘致、障がい者スポーツ先進地としての取組推進
  34. 次世代のトップアスリートの養成をはじめ国内トップアスリートが集う地域の優位性を生かしたナショナルトレーニングセンターの誘致
  35. 東光スポーツ公園球技場のナイター設備の増設
  36. ジオパーク構想の推進と日本遺産の取組を通じた地域の活性化、ダイナミックなアイヌ文化の振興、そして地域文化や文化団体への支援
  37. 優佳良織の技術の継承と優佳良織工芸館を含む3館の観光資源などへの有効活用の検討
  38. まちづくり推進協議会などによる地域活動や若者が主体となった活動を支援するほか、町内会館、地域会館の解体に伴う補助制度を創設
  39. 市民ニーズに応える住民票等のコンビニ交付の実施など、行政サービスの充実や健全で効率的な市政運営
  40. 冬期間の安心な市民生活と経済活動を支える除排雪体制を推進
  41. 地震や異常気象による災害にも対応した避難所への自家発電機の導入など防災体制を強化
  42. 登下校における見守り活動など関係機関や地域と連携した子どもの安心・安全な通学路確保の推進
  43. 一人ひとりの命の尊さと人権が守られる平和な都市づくりを推進

などを政策として掲げました。

ス、スゴイたくさん…。具体的で非常に分かりやすいですね。

 

個人的に⑭、こんな記事↓↓を見つけ、素晴らしいなと感じました。

 

さて、市民の皆さんは、どのあたりを参考に一票を投じていくのか、非常に楽しみな選挙でもありますね!

旭川市長選挙2018への有権者の声

SNS上を見ていたら、旭川市長選挙2018への様々な有権者の声がありました。

おぉぉ!なんだか盛り上がってそうな感じですね!

やはり、候補者が若いっていう自治体の市長選は、なんとなく盛り上がる感じがします。

みんな、未来に期待をしているんでしょう!この旭川もどうやらそんな感じです。

ですので、現職の西川氏は、4期に挑戦ということで、かなり有利な選挙戦…かと思いきや、意外とSNS上では今津氏を応援するツイートなどが多かった印象です。

「現状を変えたい」という市民の皆さんの声がとどくのでしょうか?

 

さて、今回の旭川市長選、どんな結果になるのでしょうか。

市民の皆様はいったいどうとらえて、何を期待してくれているのか、投票結果・投票率が非常に楽しみですね。

旭川市長選2018【番外編】選挙気分を盛り上げるグッズ

ちょっと、番外編です(笑)

堅苦しいのも何なんで。

選挙の気分を盛り上げるグッズたちです(笑)ご自宅用に?どぞー。

まとめ

さて、今回は『旭川市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィール・公約など』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

旭川市長選2018の結果・開票速報は、情報が入り次第こちらにも追記していこうと思っておりますので、参考になれば幸いです。

立候補者の2人の経歴やプロフィール、公約についても、調べてみましたが、投票の際にはよくご覧になってどちらの候補者に票を入れるか決められるといいかなと思います。

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です