可児市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者の経歴や公約も!



スポンサーリンク




※追記しました①!(開票最終結果)

こんにちは!yasukosuです!

ここでは、岐阜県可児市の市長選挙2018について、まとめていきたいと思います。

 

任期満了に伴う岐阜県可児市の市長選挙が10月21日㈰に告知されました。

定員1人に対し、2人の立候補者が立候補しています。

投開票は、10月28日㈰の予定です。

 

今回は、この可児市長選挙2018についての結果・開票速報や、立候補者のプロフィールや経歴・公約などについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の岐阜県可児市長選の立候補者は、2名。

新人で無所属、元可児市議の山口正博(やまぐち・まさひろ)氏(60)と、無所属で現可児市長の冨田成輝(とみた・しげき)氏(65)の2人です。

 

選挙人名簿登録者数は

7万9667人(10月20日現在)

となっています。

 

無所属同士の戦いではありますが、元可児市議で可児の地元を良く知る山口氏と、現在の可児市を良く知る現職、可児市長の冨田氏、一体どちらがこの可児市長選を制するのでしょうか?

早速、見ていきましょう。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

可児市長選挙2018の結果・開票速報

 

可児市長選2018の結果・開票速報につきましては、NHKや自治体などによる最新の情報が入り次第、更新していきますので、よろしくお願いします。

※ここから追記です①!(開票最終結果)

転載元:www.city.kani.lg.jp/15643.htm

 

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
山口 正博 60 無所属 5,632
冨田 成輝 65 無所属 20,572 当選

現職、冨田氏が大差をつけて当選しました!おめでとうございます!

投票率は、33.70%で過去最低ということです…。

 

◆期日前投票は、

  • 可児市役所

10月22日㈪~10月27日㈯午前8時30分~午後8時

  • 帷子地区センター、桜ケ丘地区センター

10月22日㈪~10月27日㈯午前9時~午後5時

にて行われます。

 

◆投票は、10月28日㈰午前7時~午後8時、各投票所にて行われる予定です。

 

◆開票は、10月28日㈰午後9時から行われる予定です。

 

 

ちなみに、前回の可児市長選挙の開票結果は、以下の表のようになっています。

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
冨田 成輝 61 無所属 22,845 当選
山口 正博 56 無所属 5,839

 

  • 告知日  2014年10月19日
  • 投票日  2014年10月26日
  • 投票率(%)  37.87
  • 事由   任期満了
  • 定数/候補者数  1/2

 

ちょ、ちょっと投票率が低めですね。。。

前回は、無所属ではありますが、現可児市長の冨田成輝氏(61)が当選しました。

得票数も、もう1人の立候補者の山口正博氏を大幅に上回る得票数を獲得し、当選。

現市長って、やはり、強いですよね。余程のことが無ければ全国的に見ても、現職の方が当選されるケースが多いと言えるでしょう。

 

では、今回も…

現可児市市長の冨田成輝氏が強いのでしょうか?山口正博氏にもぜひ頑張ってほしいものです!

 

可児市長選挙2018の立候補者の経歴

では、可児市長選挙2018の立候補者の経歴をご紹介していきたいと思います。

 

山口 正博 60歳 元可児市議会議員

転載元:可児市長選挙公報

  • 可児市出身
  • 県立可児工業高等学校卒業
  • 不動産会社を経営
  • これまで民生児童委員、可児青年会議所理事を歴任
  • 2011年の可児市議選に初当選
  • 1期目の途中であった2014年に市長選に立候補するも落選
  • 今回は2度目の挑戦

 

 

冨田 成輝 65歳 現可児市長

転載元: https://go2senkyo.com/local/senkyo/629

 

転載元:可児市長選挙公報

今回の選挙で、3選を目指す現職の冨田氏は、自民、立憲民主、国民民主、公明の推薦を得ています。

 

前回の可児市長選と同じ顔ぶれによる一騎打ちとなりましたね!高齢者福祉や子育て支援、現市政への評価などが、今回の選挙の争点となりそうです!

今回の選挙、一体どうなるのか楽しみですね。

可児市長選挙2018の立候補者の公約

 

山口氏の公約

「夢ある未来の可児市のために」をスローガンに掲げています。

そして、以下の政策を掲げています。

転載元:可児市長選挙公報

山口氏は、「人口減少、少子高齢化対策が形になっているようには見えない。よくならないのは、リーダーに問題がある」と訴えています。

「子育て支援で学校給食を無償化する。スポーツ振興では、サッカーからグラウンドゴルフまで、だれもが使える人工芝のグラウンドを建設したい」と主張しています。

 

冨田氏の公約

「住みごこち一番・可児 安心 元気 楽しい まち!」をスローガンに、以下の政策を掲げました。

転載元:可児市選挙公報

冨田氏は、「これまで、多くの市民や団体の方々と一緒になって、数々の実績を築いてこられました」と2期8年の間の成果を強調しています。

「高齢者福祉や障害者福祉、子育て、観光や防災などの様々な分野で、今まで以上に元気で楽しく暮らせる市政を目指します」と話しました。

 

市民の皆さんは、どのあたりを参考に一票を投じていくのか、非常に楽しみな選挙ですね。

 

可児市長選挙2018への有権者の声

SNS上を見ていたら、可児市長選挙2018への様々な有権者の声がありました。

あらチョット…、あまり盛り上がっていない様子ですね。。。

ということは、現職の市長の冨田氏が有利なのでしょうか?

新人の山口氏は、この冨田氏が統率する現在の可児市に一石を投じることができるのでしょうか?

市民の皆様はいったいどうとらえて、何を期待してくれているのか、投票結果が非常に楽しみです。(みんな選挙行こうね♡)

可児市長選2018【番外編】選挙気分を盛り上げるグッズ

ちょっと、番外編です(笑)

堅苦しいのも何なんで。

選挙の気分を盛り上げるグッズたちです(笑)どぞ。

まとめ

さて、今回は『可児市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者の経歴や公約も』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

可児市長選2018の結果・開票速報は、情報が入り次第こちらにも追記していこうと思っておりますので、参考になれば幸いです。

立候補者の2人のプロフィールや公約についても、調べてみましたが、投票の際にはよくご覧になってどちらの候補者に票を入れるか決められるといいかなと思います。

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です