君津市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィールや公約も



スポンサーリンク




※追記しました②!(22:30現在)

※追記しました①!(22:00現在)

こんにちは!yasukosuです!

ここでは、千葉県君津市の市長選挙2018について、まとめていきたいと思います。

 

任期満了に伴う千葉県君津市の市長選挙が10月7日㈰に告知されました。

定員1人に対し、3人の立候補者が立候補しています。

投開票は、10月14日㈰の予定です。

 

今回は、この君津市長選挙2018についての結果・開票速報や、立候補者のプロフィールや経歴・公約などについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の千葉県君津市長選の立候補者は、3名。

3名とも新人で無所属

  • 元千葉県議会事務局長の渡辺吉郎(わたなべ・きちろう)氏(61)
  • 元君津市議の安藤敬治(あんどう・けいじ)氏(70)
  • 元千葉県議の石井宏子(いしい・ひろこ)氏(53)

の3人です。

 

有権者数は、10月6日時点で、73,024人

となっています。

 

今回の選挙戦は、3期12年務めた現職の鈴木洋邦氏(77)が引退を表明し、新人3名による選挙戦となっています。鈴木市政の継承の是非などが争点の中心となっているようですね。

3名とも新人無所属ではありますが、3つ巴の選挙戦…かと思いきや、実は自民、公明の2党が推薦する渡辺吉郎氏は一歩リードなのかなという印象です。

自民…公明…なんやかんやで強いですからね。党の内容に関しては疑問符がいろいろと付くことなどもありますが(苦笑)。

では早速、見ていきましょう。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

君津市長選挙2018の結果・開票速報

※ここから追記です①!(22:00現在)

開票速報第1弾です!

転載元:君津市公式HP

 

※ここから追記です②!(22:30現在)

開票結果が出ました!石井宏子氏が渡辺吉郎氏との接戦を制し、初当選です!おめでとうございます!

転載元:君津市公式HP

 

君津市長選2018の結果・開票速報につきましては、NHKや自治体などによる最新の情報が入り次第、更新していきますので、よろしくお願いします。

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
渡辺吉郎 61 無所属 14,736
安藤敬治 70 無所属 5,345
石井宏子 53 無所属 16,084 当選

確定時刻22:15、投票率は50.55%でした。

◆期日前投票は、

  • 君津市役所1階ロビーおよび上総地域交流センター

10月8日㈪~10月13日㈯午前8時30分~午後8時

  • 小糸公民館、清和行政センターおよび小櫃公民館

10月8日㈪~10月13日㈯午前8時30分~午後5時

にて行われます。

 

◆投票は、10月14日㈰午前7時~午後8時、各投票所にて行われる予定です。

 

◆開票は、10月14日㈰午後9時15分から、君津市民体育館(内箕輪1-1-1)にて行われる予定です。

 

 

ちなみに、前回の君津市長選挙の開票結果は、以下の表のようになっています。

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
鈴木 洋邦 73 無所属 18,120 当選
下田 剣吾 33 無所属 12,413
天笠 寛 52 無所属 7,693

 

  • 告知日  2014年10月19日
  • 投票日  2014年10月26日
  • 投票率(%)   53.41
  • 事由   任期満了
  • 定数/候補者数  1/3

 

前回は、無所属ではありますが、現君津市長の鈴木洋邦氏(73)が当選しました。

得票数も、安定した得票数を獲得し、当選。

現市長って、やはり、強いですよね。余程のことが無ければ全国的に見ても、現職の方が当選されるケースが多いと言えるでしょう。

 

では、今回は?

3候補者とも新人無所属ということですから、どうなってくるのかなかなか予想がむずかしいところですね。3名とも、ぜひ頑張ってほしいものです!

 

君津市長選挙2018の立候補者のプロフィール

では、君津市長選挙2018の立候補者のプロフィールをご紹介していきたいと思います。

 

渡辺 吉郎 61歳 元君津県議会事務局長

  • 君津市北子安生まれ
  • 早稲田大学法学部卒業
  • 千葉県職員(総務部学事課長、環境生活部自然保護課長、総務部総務課長、東京事務所長、企業庁地域整備部長、会計管理者、議会事務局長などを歴任)
  • 元県産業振興センター理事長

 

今回は現職市長の後継者として、自民党県連からの推薦を受けての出馬となりました。

渡辺氏はこの37年間の行政経験を活かして、地域経済を活性化させたり、子育て支援などを中心に取り組んでいきたい、との抱負を述べたようですね。今回は「安らぎと活力のあるまち、君津」をスローガンに掲げています。

 

安藤 敬治 70歳 元君津市議 

  • 旧・君津町(現・君津市)坂田生まれ
  • 県立天羽高等学校卒業
  • 元新日鉄君津製鉄所社員
  • 元君津市議(6期)
  • 元君津市議長(2期)
  • 現在は君津市野球連盟会長

 

安藤氏は23年間の君津市議としての活動経験を活かして、行政財政の改革に力を入れたい考えです。今回は「責任ある市政」を目指し、政策を掲げています。

また、人口が減少していく君津市で、その対応遅れなど現在の君津市長である鈴木市政を批判しています。

 

石井 宏子 53歳 元千葉県議 

  • 埼玉県生まれ
  • 千葉県立木更津高等学校卒業
  • 上野学園大学卒業
  • 君津市にて音楽教諭として赴任
  • 元君津市市議会議員(1期)
  • 元千葉県県議会議員(3期)

 

石井氏は市議会議員及び県議会議員の15年間の経験を活かし、市民が主役の市政を目指す考えをもっています。今回は「動き出そう君津」をスローガンに政策を掲げています。

 

今回の選挙、一体どうなるのか楽しみですね。

君津市長選挙2018の立候補者の公約

 

渡辺氏の公約

「安らぎと活力のあるまち、君津」を掲げています。

そして、

  • 市内小中学校全てにエアコン設置
  • 通院や買い物に困る交通弱者を減らす
  • きみつ成長戦略(君津インター周辺開発・住宅地増→人口増)
  • 日本一の子育て応援宣言(待機児童ゼロ)
  • 支え合いのまちづくり(市民活動の支援・地域力との連携)

など、渡辺氏の政策に掲げました。

 

安藤氏の公約

安藤氏は、

「責任ある市政」を目指し、以下の政策を掲げています。

 

豊富な経験と実績で

  • 行政のスリム化
  • 防犯カメラ増設で安全なまちづくり
  • 依存型市政から積極型市政へ
  • 市長・副市長・教育長給料削減

などを政策として掲げました。

 

石井氏の公約

石井氏は、

「動き出そう君津」をスローガンにし、以下の政策を掲げています。

  • 市民が主役の市政を作る(きみつ未来会議定期開催・防災施策徹底見直し・子育て支援と教育の充実・乗合交通網の整備)
  • 君津の元気を取り戻す(人口減への対応強化・起業支援強化・AIで地方創生推進・すぐ動く役所・)
  • 君津の水と緑を守り抜く(産業廃棄物処分場の増設中止・野生鳥獣対策強化・観光強化・農業体験等を拡大拡充・君津農業塾を開校し、就農支援・地産地消拡大をブランド化)

などを政策として掲げました。

 

さて、市民の皆さんは、どのあたりを参考に一票を投じていくのか、非常に楽しみな選挙でもあります。

私的には…

石井さんの政策が、きめ細やかで分かりやすく、とっても興味がありますね。さすが女性的目線だなと感じました。

君津市長選挙2018への有権者の声

SNS上を見ていたら、君津市長選挙2018への様々な有権者の声がありました。

https://twitter.com/pikonyan/status/1049624966847557633

なかなか面白い見方ですね。

「キャラ立ってる」

市民には分かりやすくていいかもしれません。

という事は…キャラを際立って立たせた方の勝ちですね!

君津市はネット討論会なども取り入れていて、非常に面白そうです。

でも…、その割には市民の皆さんの反応がいまいちな気が…。

 

今夜の投票率や、投票結果にどう出てくるか!楽しみに待ちましょう!!

 

まとめ

さて、今回は『君津市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィールや公約も』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

君津市長選2018の結果・開票速報は、情報が入り次第こちらにも追記していこうと思っておりますので、参考になれば幸いです。

立候補者の3人のプロフィールや公約についても、調べてみましたが、投票の際にはよくご覧になってどの候補者に票を入れるか決められるといいかなと思います。

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です