大井町長選挙2018結果・開票速報!立候補者プロフィールや公約も



スポンサーリンク




※追記しました!(最終開票結果)

こんにちは!yasukosuです!

ここでは、神奈川県の大井町長選挙2018について、まとめていきたいと思います。

 

任期満了に伴う神奈川県大井町の町長選挙が12月4日㈫に告知されました。

定員1人に対し、3人の立候補者が立候補しています。

投開票は、12月9日㈰の予定です。

 

今回は、この大井町長選挙2018についての結果・開票速報や、立候補者のプロフィールや経歴・公約などについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の神奈川県大井町長選の立候補者は、3名。

新人で無所属、

  • 冷菓卸売会社社長で元町議の小田真一(おだ・しんいち)氏(64)
  • IT関連会社社長で元町議の諸星 光浩(もろほし・みつひろ)氏(57)
  • テニスクラブ経営で元町議の鈴木武夫(すずき・たけお)氏(65)

の3人です。

 

今回の選挙は、新人無所属同士、3人とも元町議という三つ巴の戦いという形になります!

さて、一体どなたがこの大井町長選挙2018を制するのでしょうか!早速、見ていきましょう。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

大井町長選挙2018の結果・開票速報

 

大井町長選挙2018の結果・開票速報につきましては、NHKなどによる最新の情報が入り次第、更新していきますので、よろしくお願いします。

 

※ここから追記です!

最終開票結果が出ましたね!

転載元:カナロコHP(神奈川新聞社)

小田真一氏が接戦を制し、当選しました!おめでとうございます!

年齢 新旧 党派 得票 結果
小田 真一 64 無所属 2,934 当選
諸星 光浩 57 無所属 1,674
鈴木 武夫 65 無所属 2,121

投票率は、48.37%でした。

 

期日前投票は、12月5日㈬から12月8日㈯まで、毎日8時30分~20時に行われます。

投票は、12月9日㈰7時~18時 に行われる予定です。

開票は、12月9日㈰20時ごろから行われる予定です。

12月3日現在の有権者数は、

男性 7,186人

女性 7,240人

合計 14,426人

となっています。

 

ちなみに、前回の大井町長選挙の開票結果は、以下の表のようになっています。

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
間宮 恒行 66 無所属 4,052 当選
牧野 一仁 69 無所属 3,862

 

  • 告知日  2014年12月2日
  • 投票日  2014年12月7日
  • 投票率(%) 58.21
  • 事由   任期満了
  • 定数/候補者数  1/2

 

前回は、現大井町長と新人無所属の立候補者の戦いとなり、やはり有利な現職の大井町長である間宮恒行氏が当選を果たしました。

 

さて、では今回は一体どんな結果になるのでしょうか?今回は、3者ともに新人、そして元町議ということです。どの方が当選を果たすのか!楽しみな選挙ですね!

 

大井町長選挙2018の立候補者のプロフィール

では、大井町長選挙2018の立候補者のプロフィールをご紹介していきたいと思います。

小田 真一  64歳  冷菓卸売会社社長、元町議

転載元:www.kanaloco.jp/article/375583

  • 1953年松田町寄生まれ
  • 小田原高校卒
  • 明治大学経営学部卒
  • 2004年に町議に初当選し4期連続当選
  • 16年から2年間、議長を務める
  • 申し合わせによる議長任期を迎えた今年9月26日に議長を辞職
  • 10月1日に町長選出馬のため議員辞職

 

諸星 光浩  57歳  IT関連会社社長、元町議

転載元:www.kanaloco.jp/article/375583

  • 1960年大井町金手生まれ
  • 山北高校卒
  • 国士舘大学工学部卒
  • IT関連の会社を経営
  • 2014年12月の町議補選で初当選
  • 2016年9月の町議選で再選

 

鈴木 武夫  66歳  テニスクラブ経営、元町議

転載元:www.kanaloco.jp/article/375583 

  • 1952年大井町金子生まれ
  • 西湘高校卒
  • 神奈川大学法学部卒
  • 足柄ローンテニスクラブを経営
  • 92年の町議選で初当選し
  • 2期目途中の99年に県議選に出馬して落選
  • 00年に返り咲き16年まで連続5期当選の現在7期目

 

町民の皆さんは、いったい、どの候補者に一票を投じるのでしょうか?

大井町長選挙2018の立候補者の公約

 

小田氏の公約(政策)

「ありがとうの思いがあふれるまちづくり」を理念に掲げ

  • 子育て環境の充実
  • 安心安全なまち、防災のまちづくり
  • 地域資源を活かすまちづくり

を政策の柱としています。

町内全自治会に担当職員を配置し、協働推進室を庁内に設置して、町民の皆さんの声を行政に生かしたい考えがあるようです。

 

諸星氏の公約(政策)

  • 地域力・住民力の向上(地域課題の見える化が不可欠。行政と町民が課題や対応、進ちょく状況を共有できる仕組みづくりの必要性。)
  •  幼保一元化
  • 英語によるコミュニケーション能力向上
  • ひとり親家庭や共働き家庭に向けた子どもの居場所づくり
  • 子育て環境の充実
  • 小児医療費の高校生までの拡充
  • 幼小中教室へのエアコン設置

 

鈴木氏の公約(政策)

  • 想定外の災害に対応するための防災・減災対策の見直しと強化
  • 幼保一元化による認定こども園の開設
  • 交流人口増加に向けた相和地区へのパークゴルフ場開設
  • 足柄上1市5町によるごみ処理広域化

などを政策に掲げています。

大井町長選挙2018への有権者の声

SNS上で、大井町長選挙2018への有権者の声などを随時、取り上げていこうと思います。お楽しみに!

 

さて、大井町長選挙2018、どの候補が票を集めるのでしょうか?非常に気になりますね!

まとめ

さて、今回は『大井町長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィールや公約も』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

大井町長選2018の結果・開票速報は、情報が入り次第こちらにも追記していこうと思っておりますので、参考になれば幸いです。

立候補者の3人のプロフィールや公約についても、調べてみましたが、投票の際にはよくご覧になってどの候補者に票を入れるか決められるといいかなと思います。

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です