塩尻市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィールや公約も



スポンサーリンク




※④開票結果が出ました!!追記しました!

※③22時20分現在の開票率と得票数を追記しました。

※②22時現在の開票率と得票数を追記しました。

※①投票速報を追記しました。(開票結果はまだです。)

こんにちは!yasukosuです!

ここでは、長野県塩尻市の市長選挙2018について、まとめていきたいと思います。

 

任期満了に伴う長野県塩尻市の市長選挙が9月16日㈰に告知されました。

定員1人に対し、2人の立候補者が立候補しています。

投開票は、9月23日㈰の予定です。

 

今回は、この塩尻市長選挙2018についての結果・開票速報や、立候補者のプロフィールや経歴・公約などについてご紹介していきたいと思います。

 

今回の長野県塩尻市長選の立候補者は、2名。

新人で無所属、元塩尻市議の平間正治(ひらま・まさじ)氏(65)と、無所属で現塩尻市長の小口利幸(おぐち・としゆき)氏(67)の2人です。

 

選挙人名簿登録者数は、9月1日時点で、

男:27,799人  女:28,064人  合計:55,863人

となっています。

 

無所属同士の戦いではありますが、現在の塩尻市を良く知る現職、塩尻市長の小口氏と、元塩尻市議でやはりこちらも塩尻の地元を良く知る平間氏の、一体どちらがこの塩尻市長選を制するのでしょうか?

早速、見ていきましょう。よろしくお願いします。

塩尻市長選挙2018の結果・開票速報

 

塩尻市長選2018の結果・開票速報につきましては、NHKや自治体などによる最新の情報が入り次第、更新していきますので、よろしくお願いします。

 

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
小口利幸 67 無所属 12,902 当選
平間正治 65 無所属 12,523

 

◆期日前投票は、

  • 塩尻総合文化センター

9月17日㈪~9月22日㈯午前8時30分~午後8時

  • 広丘支所、吉田支所、楢川支所

9月19日㈬~9月22日㈯午前8時30分~午後7時

にて行われます。

 

◆投票は、9月23日㈰午前7時~午後8時、各投票所にて行われる予定です。

※ただし、次の投票所は終了時間が異なります。

投票所:楢川公民館贄川分館・楢川支所・楢川公民館奈良井分館

投票終了時間:午後7時まで

 

◆開票は、9月23日㈰午後9時から行われる予定です。

 

ちなみに、前回の塩尻市長選挙の開票結果は、以下の表のようになっています。

氏名 年齢 新旧 党派 得票数 結果
小口利幸 63 無所属 14,919 当選
小野光明 52 無所属 6,514

 

  • 告知日  2014年9月14日
  • 投票日  2014年9月21日
  • 投票率(%)  40.36
  • 事由   任期満了
  • 定数/候補者数  1/2

 

ちょ、ちょっと投票率が低めですね。。。

前回は、無所属ではありますが、現塩尻市長の小口利幸氏(63)が当選しました。

得票数も、もう1人の立候補者の小野光明氏を大幅に上回る得票数を獲得し、当選。

現市長って、やはり、強いですよね。余程のことが無ければ全国的に見ても、現職の方が当選されるケースが多いと言えるでしょう。

 

では、今回も…

現塩尻市市長の小口利幸氏が強いのでしょうか?平間正治氏にもぜひ頑張ってほしいものです!

 

※①ここから追記です!

投票完了時の投票速報です。

転載元:塩尻市HP

今回は、前回の市長選挙の時よりも、若干投票率が高くなったようです。

※②ここから追記です!

22時現在の開票率 54.6%

両候補者の得票数は、7,000票で並んでいます。

※③ここから追記です!

22時20分現在の開票率 99.1%

両候補者の得票数は、

平間氏 12,500票

小口氏 12,900票

です!

※④追記しました!

開票結果が出ました!!

ものすごい接戦だったようですね!

現市長の小口氏が当選しました!

平間氏もあと一歩のところまで追い詰めましたが、残念ながら及ばずでした。

塩尻市長選挙2018の立候補者のプロフィール

では、塩尻市長選挙2018の立候補者のプロフィールをご紹介していきたいと思います。

 

小口 利幸 67歳 現塩尻市市長

  • 塩尻市出身
  • 慶応大学卒業
  • セイコーエプソン社員
  • 現塩尻市の市長。4期連続当選

 

今回は市長5期目への挑戦となる小口氏です。

小口氏は5選を目指すことについて、「継続は力、そして新たな挑戦へ」と今までの実績を強調しています。これまでに取り組んできた目標である「子育てしたくなる街日本一をめざして」を掲げて、選挙運動をしてきました。

市民の皆さんからは、もうすでに知られた小口氏がかなり有利であることは確実な今回の選挙戦。そこで、やはり更なる塩尻市の向上にむけ、市民の皆さんにより具体的で分かりやすい説明を出来たのかどうか、そのあたりが今回の選挙の明暗を分けるのではないでしょうか。

 

平間 正治 65歳 元塩尻市議 

  • 立教大学卒業
  • 市こども教育部長を歴任
  • 総務部長を歴任
  • 元塩尻市議
  • 現在は県高校野球OB連盟監事

今回は市民有志による「塩尻の将来を考える会」からの要請を受けて出馬を決意したということです。

平間氏は、5選を目指す小口市政に「マンネリのままでいいのか」と疑問を投げかけ、新しい考えや行動が必要だと訴えています。

そうですね、平間氏が強調されていたのはまさに「革新・改革」の塩尻という事なのでしょう。

市政で5期務めるということは、その自治体はかなりその市長の色に染まっています。良い場合はかまわないと思いますが、市民からその市政に対し不平不満が出ているときは、まさに新人平間氏のチャンスとなるでしょう。

今回の選挙、一体どうなるのか楽しみですね。

塩尻市長選挙2018の立候補者の公約

 

小口氏の公約

「子育てしたくなる街日本一をめざして」を掲げています。

そして、引き続き

  • 子育て支援
  • 待機児童ゼロ
  • 出産ができる医療機関の整備や産婦人科医の確保
  • 農業再生

など、若者の定住促進などに力を入れると、小口氏の政策に掲げました。

また他には、

  • ワイン産地としての全国的な認知度アップや情報発信
  • 県や民間と進める信州F・パワープロジェクトの木質バイオマス発電所事業への支援

などに力を入れ、地域ブランド力の向上に努めたい考えです。

 

平間氏の公約

平間氏は、

「誰も経験したことがない人口減少時代に入った。子育てや雇用などは人口減少社会を前提に考え、新しいまちづくりを進めるべきだ」

と述べています。

そして、

  • 政策に産業振興や雇用創出を進め若者が活躍できる場の確保
  • 若者がUターンできる企業の誘致
  • 安心して出産できる医療施設の整備
  • 地域の活力維持による観光業振興

などを政策として掲げました。

 

うーん、まとめてしまうと、お二人の公約って似てますね…(笑)

詳細はおそらく微妙に違っているのだと思いますが、どうなんでしょう。市民の皆さんは、どのあたりを参考に一票を投じていくのか、非常に楽しみな選挙でもあります。

公約が似てるって、よく考えたら、塩尻市がやるべきことが良く分かっている候補者おふたりってことなんでしょう。ちょっと羨ましい気もします。

塩尻市長選挙2018への有権者の声

SNS上を見ていたら、塩尻市長選挙2018への様々な有権者の声がありました。

おぉぉ、すごいですね!

ということは、現職の市長である小口氏の市政に結構満足感を得ているという感じなのでしょうか?

なるほど、確かにこれは、市民にとって非常に分かりやすいかもしれないですね。

新人の平間氏は、この小口氏が統率する現在の塩尻市に一石を投じることができるのでしょうか?

市民の皆様はいったいどうとらえて、何を期待してくれているのか、投票結果が非常に楽しみですね。

まとめ

さて、今回は『塩尻市長選挙2018の結果・開票速報!立候補者のプロフィールや公約も』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

塩尻市長選2018の結果・開票速報は、情報が入り次第こちらにも追記していこうと思っておりますので、参考になれば幸いです。

立候補者の2人のプロフィールや公約についても、調べてみましたが、投票の際にはよくご覧になってどちらの候補者に票を入れるか決められるといいかなと思います。

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です