秋の叙勲って何をすれば貰えるの?その種類と過去の受章者も!



スポンサーリンク




こんにちは!yasukosuです!

今回は、秋の叙勲に関して、一体何をすれば貰えるのか、またその種類やこれまでの過去の受章者の方々についてもご紹介していこうかなと思います!

 

秋の叙勲、、、、

ニュースや新聞では、目にしますが、一体どんな方々が何をされた功績でもらえるんでしょうか。

意外と皆さんこのことに関してはご存じないのではないでしょうか。

そう、もちろん、わたくしyasukosuも、、、、

 

全然知らなかった(笑)

 

「あー、すごいなー、みんな。」

「なんか、すっごいこと成し遂げたんだろうなぁ。」

「天皇からもらっちゃうだなんて、すごいなー。」

 

…アホの子みたいですね、あたし(笑)

 

さすがに40過ぎてアホの子じゃマズいんでww

子供に聞かれた時、全然答えられないのもカッコ悪いし、くやしいんでww

ちょっと調べてみようかなって思いました。「秋の叙勲」について。(ちなみに、「春の叙勲」も、秋の叙勲と同じみたいですよ!)

 

ということで、今回は『秋の叙勲って何をすれば貰えるの?その種類と過去の受章者も!』と題してお送りしていこうと思います!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

秋の叙勲って何をすれば貰えるの?

ではでは、早速、秋の叙勲、一体何をすれば、どんな功績を上げれば貰えるものなのでしょうか?

決まった定義としては、

転載元:www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-kunsho.html

とありました。

………。

要は、「イマイチ良く分からない」ってことですね…。

 

それじゃぁ困る!

ということで、こちらの叙勲に際して、実は実は驚くなかれ

「一般推薦制度」(平成15年~)

があるんですって!

 

国の各府省だけじゃぁ、全国の春秋叙勲にふさわしい方々を把握できないということで、この推薦制度があるようです。

一般の方(どなたでも)が、「この人は叙勲に値する!」と考える人がいれば、その人を内閣府賞勲局に対して推薦できる制度なんだそうです。

知らなかったー!(゚д゚)!

で、そちらのほうは、さすがに一般市民にもわかりやすいように、その基準が示されていましたので、こちらを参考にしましょう!

 

この制度による勲章受章者は、多年にわたり各分野の業務に精励し功労が認められた方(例えば、社会福祉施設長、民生・児童委員、商工会議所や商工会の役員、保育士、へき地の医師など)や、多くの分野で多年にわたり地域のために貢献した功労が認められた方がいます。

引用元:www8.cao.go.jp/shokun/ippansuisen.html

ということなのだそうです。

 

あーん、でもまだ具体的に良く分かりませんね。

では、その推薦基準が載っていましたので、こちらをご紹介しますね。

  1.  国家または公共に対し功労のある70歳以上の方
  2. 国家または公共に対し功労のある55歳以上の方で、
    (ア)精神的または肉体的に著しく労苦の多い業務に精励した方
    (イ)人目に付きにくい分野にあって多年にわたり業務に精励した方

 

という事です。年齢がある程度いっていないとダメなんですね。長年(多年とはおおむね20年の活動歴が必要というところがミソなんでしょう。

 

また、具体例も載っていましたよ。

  • 多年にわたり地域づくりを支えた方(自治会長、商工会議所や商工会の役員 など)
  • 多年にわたり少子高齢社会を支えた方(社会福祉施設長、幼稚園園長 など)
  • 多年にわたり国から委嘱等された業務に精励した方(国勢調査員、保護司、民生・児童委員、調停委員 など)
  • 公益性を有する各種団体の役員として多年にわたり従事した方
  • 企業経営者として多年にわたり公益に寄与した方(新たな産業分野の開拓、地域活性化に貢献)など
  • 保育士、介護職員、看護師、へき地の医師、保健師、助産師、消防団員、水防団員、水位観測員、灯台灯火監視協力者、森林保全作業員 など

ほほぉ、意外と身近な職業の方なんかもOKなんですね!たしかに、社会貢献としては分かりやすい職業の方々ばかりですね。

身近に尊敬できてこれらの職に長年携わっていらっしゃる方がいたら、ぜひ一般推薦制度を利用して、推薦してみてはいかがでしょうか!

秋の叙勲の種類

では、この秋の叙勲にもいろいろな種類があるようなので、その種類をご紹介していこうかなと思います。

転載元:www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-kunsho.html

 

だぁっぁ、あり過ぎあり過ぎ!

随分といろんな種類があるんですね!(゚д゚)!

 

旭日章は政治家や民間人、瑞宝章は公務員が主な対象となっています。

こんなにたくさん、しかも、毎年秋と春に…もしかすると、身近に貰ったことのある方がいらっしゃる可能性もあるかもしれませんね。

おじいちゃまとか、おばあちゃまとか、聞いてみたらもしかするともしかするかもしれません!

秋の叙勲の過去の受章者も!

では、この秋の叙勲、過去にはどんな方が受章者となっているのでしょうか?

一番わかりやすいのは、やはり、「文化勲章」ですかね。

  • 平岩弓枝さん(小説家)
  • 草間彌生さん(芸術家)
  • 仲代達也さん(俳優)
  • 高倉健さん(俳優)
  • 山田洋次さん(映画監督)
  • 三宅一生さん(ファッションデザイナー)
  • 蜷川幸雄さん(演出家)
  • 安藤忠雄さん(建築家)

などなどそうそうたるメンバーが受賞されています。

あとは、ノーベル賞を受賞された方々なども文化勲章を受章されていますね。

 

ちなみに今年は、

最高位の桐花大綬章は、

今井敬さん(88)(経団連会長・新日鉄住金社長)

斎藤十朗さん(78)(参院議長)

 

旭日章は、

五木ひろしさん(70)(歌手)

寺尾聡さん(71)(歌手)

 

などが受章されました。みなさんおめでとうございます!(≧▽≦)

 

まとめ

さて、今回は『秋の叙勲って何をすれば貰えるの?その種類と過去の受章者も!』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

秋の叙勲って、一体どんな方が貰えるんだろう…と思っていましたが、多年にわたり、地域のためや国のために貢献された方が貰えるものだったんですね!

って、それって、、、、

みんな国民そうじゃん(笑)

みんなそれぞれがんばってますよねー!私たちも何か受賞したい!

ということで、yasukosuより、特別賞を皆さんに捧げます!!おめでとうございまーーす!(≧▽≦)!ww

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。次回もyasukosu blogでお会いしましょう!


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です