郵便貯金を放置でおろせなくなる?期限や払戻しの手続きも!



スポンサーリンク




こんにちは!yasukosuです!

今回は、郵便貯金を放置するとおろせなくなるのか、その期限や払戻しの方法についてなどをご紹介していきたいと思います!

今はゆうちょ銀行となり、民営化されましたが、昔は、私はめちゃくちゃお世話になってました。

なんせバブルのころのあの金利の高さ!!!凄かったですよね!(今の若者は知る由もない…)

今から見返すと、ありえないほどの金利の高さ。定額貯金で6%とか、あった気が…。異常ですね、よくあんな高い金利で大丈夫だったなと。

なので、超活用させていただいてました(*´▽`*)

ガンガン預けて、ガンガン利息もらってました。

そんな方、多いかと思います。

 

で、昨日、たまたま新聞を見ていたら、こんな広告が。

『郵政民営化前に預けた郵便貯金を、満期が過ぎても放っておくと下ろせなくなる』

と、ありました。

「へっっ!!??」

下ろせなくなるってことは…自分のお金が下ろせなくなるの?えっ、それってどうなっちゃうの?せっかくためたお金、誰のもとに行っちゃうの??

とビックリ!!(゚д゚)!

たまたま新聞広告が目に留まったからいいものの、知らなかったらせっかくの貯金が水の泡ですよね。

自分の貯金、守らねば!!

 

ということで、今回は『郵便貯金を放置でおろせなくなる?期限や払戻しの手続きも!』と題してお送りしていきたいと思います!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

郵便貯金を放置でおろせなくなる?期限は?

今回のこの事実、新聞に掲載された広告で知った方が多いかと思います。

それが、こちら。

そう、そして、それを「読んだ瞬間の今知った」って方がホントに多いようで、SNS上でも盛り上がりをみせていました。

そりゃぁそうですよね。だって、自分の貯金が下ろせなくなっちゃうだなんて、嫌ですもんね。

 

この広告の詳細は、「郵政民営化(平成19年10月1日)より前に郵便局に預け入れてる定額郵便貯金、定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金、住宅積立郵便貯金、教育積立郵便貯金等は、法律の規定により、満期後20年2カ月経つと権利が消滅し、払い戻しが受けられなくなる。」というものらしいです。

 

これらは、

”旧郵便貯金法”

という規定が適用されるんだそう。その結果、払い戻しを受ける権利が消えてしまうようです!

 

えぇー、じゃぁ、私たちはいったいどうすればいいんでしょうか?

 

郵便貯金を放置でおろせなくなる?払戻しの手続きも!

では、自分の貯金が、どのケースに当たるのかをまず確認しましょう。

 

  • 郵政民営化後(平成19年10月1日以後)に預け入れた貯金

大丈夫です。民営化以後の貯金は何にも心配いりません。

 

  • 郵政民営化前(平成19年9月30日以前)に預け入れいた貯金
  1. 定額郵便貯金
  2. 定期郵便貯金
  3. 積立郵便貯金
  4. 住宅積立郵便貯金
  5. 教育積立郵便貯金

の5つが貯金の消滅対象定額郵便貯金となります。

「通常郵便貯金」や「通常貯蓄貯金」については対象外になりますので、ご安心を。

 

では、該当する貯金があった場合の払い戻しの手続きは?どうしたらいいの?

調べてみました。

お近くの郵便局の貯金窓口、またはゆうちょ銀行の店舗に行って、手続きをすればOKです!

その際に必要なものがいくつかありますので、用意していきましょう。

郵便貯金通帳又は証書
・お届け印
・本人であることが確認できる公的機関が発行した住所・氏名・生年月日の入った証明書類
(※マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

ちなみに…

該当する貯金をされている方には、郵便局の方からきちんと書類が届くそうですので、ご安心くださいね。

このようなものが届くそうです。

ただし、注意点ですが、

住所や名前に変更があった場合は、案内が届かないことがあります。その場合は、早めに郵便局へ問い合わせするか、窓口まで行ってみるといいかと思います。

 

郵便貯金を放置でおろせなくなる?の事を知ったみんなの感想

では、今回のこのニュースを見て、事実を知った皆さんの感想をどうぞ。

すごっ!!この方、冷静です!

確かに、その条件だと、日本なんて温い方ですよね。アメリカって何でもシビアそう…。自分たちでお金のことも勉強しておかないとなりませんね!

 

そうですね。今自分の定期や定額の貯金がある場合は、満期日を調べたほうが良さそうですね!

 

お母さま、かわいい♡ホントホント、忘れているお金があるなんて、なんて裕福なっ!って感じですね。

 

ええぇっっ!!そうなんですか、銀行の預金も!

全然知らなかった…(゚д゚)…

無知は怖いですね。郵便貯金だけに限らず、ちゃんと勉強しておかないとですね!

まとめ

さて、今回は『郵便貯金を放置でおろせなくなる?期限や払戻しの手続きも!』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

聞いた瞬間は、

「げげっ、なにそれ、私の貯金、どうなるのー!」

と思いましたが、調べてみると、ちゃんと該当者には通知も来るようだし、払戻しの手続きも出来るし、なんてことないですね!

良かったー(´▽`) ホッ

自分のお金、大事ですから自分で守らないとです。日々これ勉強ですね!

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。次回もyasukosu blogでお会いしましょう!


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です