ペルセウス座流星群2018│鳥取で見える方角・時間は?穴場スポットも



スポンサーリンク




こんにちは!yasukosuです!

今回は、ペルセウス座流星群2018鳥取で見える方角・時間や穴場スポットなどについて、ご紹介していこうかなと思っています!

私、星を見るのが好きで、というか、空を見るのが好きで。

毎日昼でも夜でも必ず空を見上げて、いろんな変化を楽しんでおります(チョット怪しい人…ww)。

最近ですと、毎晩、日が暮れて暗くなって南の空をなんとなくのぞくと…オレンジっぽく輝く星…そうです!!火星をみてます!

7月末に地球に大接近しましたよねー!今でもかなり明るくペカッております。

あとは、4惑星、火星・土星・木製・金星がちょうど揃って見れるんで、それも観ながら「きゃーきゃー」言ってます!かなりクリアにきれいに見れるんで、興奮します!

…あれれ?…それは…私の住む家が…田舎だから???(笑)

まぁ、それはさておき、2018年の天体ショーは、お次は一体なにがみれるんでしょうか???気になりますねー!!

お次は…

ペルセウス座流星群!!!!

流星キターーーーーーーー!!!

流れる星に願いを込めたら、その願いが叶うといわれているあの、流れ星!それが「群」で来ちゃうってかーーーーーーー!!

絶対に見なくちゃっ!

ということで、それでは今回は『ペルセウス座流星群2018│鳥取で見える方角・時間は?穴場スポットも』と題してお送りしていこうと思います!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018│鳥取で見える方角・時間は?

では、いつ、どのあたりで見られるのか?ってことが重要ですね。

【見える方角】

今回のペルセウス座流星群、

方角は気にしなくても、いいんですっっ!!!(カビラ…(笑))

 

  • 「ベランダに出ると見られるよ。」
  • 「なんならベランダじゃなくてもどこでも見られるよ。」
  • 「究極、どこでも空を見上げてれば見られるよ。」

とお伝えしておきましょう!!これホント。方角気にしなくていいとか、ラクでいいですね!

天体のことに関しては、難しく考えちゃぁいけません。まずは空を見上げて、「地球に生きてて良かったー!」って感謝するって感じでいいんです!

とりあえず、空を見上げてみましょう(笑)

 

【見える時間(日にち)】

★彡 見える時間

21時ごろから始まって、流星のピークは0時から未明にかけて

真夜中の時間帯ってことですね!ちょっと眠いデス…。

 

★彡 見える日にち

2018年8月11日㈯~8月13日㈪

特に、12日㈰~13日㈪にかけての夜が最も見ごろ

条件的には、

8月11日㈯は、お月さまが新月なので、月明かりゼロでとてもみやすい!お月さま、気が利くぅ♡

また、8月13日㈪10時ごろは、「極大」といわれる流星群自体の活動が最も活発になる時なんだそうです!

ですので、この時間と日にちをターゲットに空を見上げてみると…

たくさんの流星たちに出会えるかもしれないですね!!予報も「バッチリ見える」ですよー!!

 

ちなみに…

この時期を逃しても、8月7日㈫~15日㈬は、ペルセウス座流星群の活動は活発なので、いつもより多くの流星を観ることが出来ると考えられるということですよ!

(また、ペルセウス座流星群の全活動期間はさらに長く、7月17日ごろから8月24日くらいまで続くと考えられているそうです。)

ペルセウス座流星群2018│鳥取の穴場スポットも

ではでは、鳥取の穴場観測スポットも紹介していこうと思います!!

 

★彡 鳥取砂丘砂丘会館付近


言わずと知れた、鳥取の代名詞、鳥取砂丘!!

ココでは星空も当たり前のようにきれいに見られます。

それもそのはず、あの広大な砂丘には、景色を遮る建物があるはずもなく、明るすぎるネオンがあるわけでもないので、必然的に星空は最上級のレベルで見ることが可能です!!!羨ましい条件がそろってますね!

 

★彡 休暇村奥大山(宿泊施設)

大山の山麓にあるホテル「休暇村大山」は、標高920メートルの高原にあるため、平地で見るよりも星空が近くに感じられます!!

確かに…ちょっとでも空に近いところで見るほうが、なんだか迫力のある星空が見られそうです!

 

★彡 弓ヶ浜展望台

 

ペルセウス座流星群2018│鳥取の概要

ペルセウス座流星群は、毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

ペルセウス座流星群は、とても観察しやすい流星群

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれています!

条件が良い時は、最大で40個以上もの流星を見ることができるんだそうです!!!すごーい!

また、観測日や時間が、夏休みやお盆休みだったりしますから、夜更かしをしやすいし、どこかへでかけて星を見に行くなんてこともしやすいですし!

さらに、「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」は寒い冬の時期なんで、寒さをこらえて観察ってことになりますが、ペルセウス座流星群は真夏なんで、観察は快適ですよね!

あと、流星の観測のコツですが…

「空を見つめない」こと!!

ペルセウス座の方向だけを見るのではなくて、ぼーーっと広範囲を眺めている方が見つけ易いんだそうですよ!

ぼーーーーっとするのが得意な私には、メチャクチャ向いているじゃないですか(笑)

まとめ

さて、今回は『ペルセウス座流星群2018│鳥取で見える方角・時間は?穴場スポットも』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 見える方角は、「どこ見てても大丈夫」!!
  • 見える時間は、「大体夜中0時から明け方」!!です。
  • 穴場(ではすでにないかもしれないけど…)スポットは、紹介した3つはおススメです!

でした。ぜひぜひ今年のお盆休みは、ペルセウス座流星群をみて、願い事をいっぱい唱え、いっぱいかなえちゃいましょう☆彡☆彡☆彡☆彡

それでは、今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。次回もyasukosu blogでお会いしましょう!


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です